専業主婦 消費者金融 キャッシング

専業主婦が消費者金融でキャッシングしたいとき

専業主婦が消費者金融でキャッシングしたいとき

消費者金融のキャッシングは銀行カードローンに比べるとサービスが充実しているので利用している方も多いと思います。無利息期間が利用できるキャッシングもありますから、無利息期間内あるいは短期で完済できる見込みのある方なら、お得に借り入れができます。

夫婦で検索

消費者金融のキャッシングは、20歳以上で仕事を持っている方ならだれでも申し込みができますが、仕事を持たない専業主婦の方も借り入れをしたいというときもありますよね。自分に収入がないから借り入れはできないだろうとあきらめないでください!消費者金融でもキャッシングができるところがあります!

 

専業主婦で申し込みができる条件は、配偶者に安定継続した収入があるということです。また、借入金額は配偶者の年収の3分の1までとなります。これは総量規制の関係で、貸金業者は、本人と配偶者の年収を合わせた額の3分の1までしか貸し付けができないという制限があるからです。専業主婦は自分の年収は0円なので配偶者の年収の3分の1までなら借り入れが可能ということになります。また、一般にキャッシングをする時は、本人確認書類を提出すればいいのですが、専業主婦が借り入れをする時は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のほかにも提出しないといけない書類があります。それは、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類です。借入金額によってはご主人の収入証明書も必要になる場合があります。ちょっと手続きが面倒で、ご主人に内緒で借りるということはできませんが、必要な方は、ご主人に相談のうえ申し込みをしてみてください。