専業主婦 キャッシング 総量規制

専業主婦のキャッシングと総量規制

専業主婦のキャッシングと総量規制

どうしても支払わなければならないお金があるのに、現金がないという場合、とても焦りますね。支払い期限がせまってくるとほんとうにストレスがたまります。そんな時、すぐにお金を貸してくれるところがあると本当に助かります。女性OKサイン

style="color:#FF0000;">消費者金融なら申し込みから数時間で借り入れが可能なので急いでいうときには消費者金融のキャッシングが便利ですね。ただ、キャッシングができるのは原則自分に収入がある方だけなので、自分に収入がない専業集の方は手続きか少し面倒になります。というのは、消費者金融は総量規制の対象になっているからです。

 

総量規制というのは、貸金業者は申し込み者の年収の3分の1までの金額しか貸してはいけないというルールのことです。この規制は、借りすぎで多重債務に陥る人が多くなり社会問題となったため、そうした状況を回避するということを目的として導入された規制です。この総量規制によると年収の3分の1の金額しか借りられないので、年収0円の専業主婦は借り入れができないことになりますが、総量規制には例外があって、その一つは貸金業者は、「配偶者の年収と合わせた額の3分の1までなら貸し付けができる」というものです。ですから、収入0円の専業主婦でもご主人に収入があればご主人の年収の3分の1までの金額なら借り入れができるということになります。

 

専業主婦が消費者金融からキャッシングをしたい場合は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類に加えて、配偶者の同意書や婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。配偶者の同意書は、たいてい消費者金融で書面を用意していますので、それをもらって記入し提出してください。この同意書というのは、借り入れに関する内容が信用情報機関に登録されることに同意するというものです。また、借入金額によってはご主人の収入証明書、たとえば源泉徴収票などが必要になることもあります。ちなみに銀行のカードローンなら、総量規制の対象ではないので、専業主婦の方も本人確認書類だけで申し込みができますよ。審査に不安がなければ、銀行カードローンも検討してみてください。