専業主婦は銀行カードローンでキャッシングができるか

喜ぶ女性

キャッシングは、必要なお金が足りない時に頼れる便利なサービスです。今では、消費者金融だけでなく銀行カードローンも即日融資が可能なところが多くなっていますので、急ぎの時でも安心ですね。申し込み条件も他のローンと比べると簡単になっていて、20歳以上で仕事をしている人であれば、勤務形態は正社員でなくても派遣や契約社員、パート、アルバイトでも申し込みができます。でも、働いていなくて自分に収入がない専業主婦の方も借り入れがしたいときがありますよね。たとえば、子供の教育費が少し足りないとか、交際費がもう少し必要というときです。ご主人には相談しにくいという事情もあるかもしれません。借りるなら、金利のことを考えると消費者金融のキャッシングより銀行カードローンが利息の支払い負担が軽減されるのでいいのですが、専業主婦は銀行カードローンに申し込みができるのでしょうか?

 

うれしいことに専業主婦でも申し込める銀行カードローンがあります。たとえば、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」やみずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」、イオン銀行や楽天銀行、みずほ銀行のカードローンなどです。これらの銀行のカードローンは、自分に収入がなくても配偶者に安定継続した収入があれば申し込むことができます。また、提出書類は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類だけで大丈夫です。ご主人の収入証明書などを提出する必要はありません。限度額は、本人に収入がある方の場合よりは低くなっていますが、10万円〜50万円の範囲で借りることが可能です。ですから、今月もご主人から生活費やおこずかいをもらったけど、少しだけ足りないという場合なら、十分の額ですね。銀行のカードローンは金利も低いし申し込み書類も少ないので、専業主婦にも人気です。